はさみマン

ブログ歴0年のまだまだ初心者ブロガー。大阪府出身、丑年。ブログは趣味としてやってます。 好きなもの:お笑い(おいでやす小田)旅行、野球、料理、YouTube鑑賞

毎日の積み重ねで。。。♫

こんにちは、はさみマンです。
最近、日中の暖かい日々が増え春の訪れを感じるきょうこのごろ
みなさんお元気ですか?
 
本日のテーマは「髪のダメージ」について少し書いていこうと思います。
 
 
 
ダメージしてしまった髪の毛とは
どうやってわかるの?
また、どんな感じなの?
 
 
髪の毛が痛むと感じることのうち。。。
 
・髪の毛の潤いがなくなりパサパサになってしまう
・髪の毛が絡まっていてブラッシングできない
・髪の毛が切れたり、枝毛を見つけることが増えた
 
など・・・・
 
日常生活でこのように感じます。では
髪の毛にダメージを感じるとは髪の毛がいったいどうなってるの??
 
詳しく、わかりやすく書いていきます。
 
 
 
詳しい解説の前に、毛髪の構造について

f:id:hasamiman0619:20210226141017p:plain

 
図で表すと髪の毛ってこのような感じなんです。。。
 
髪の毛の中ってこんな風なんだ~でもなんかちょっとわかりにくい~って方に
 
 
   「胡瓜巻き」ってどうですか!?WW
 
 
髪の毛のつくりを「胡瓜巻き」に置き換えると・・・
図のメデュラの当たるのが、胡瓜巻きで言う具の「きゅうり」
図のコルテックスに当たるのが、胡瓜巻きで言う「シャリ」
図のキューティクルに当たるのが、胡瓜巻きで言う「海苔の部分」
 
 
         例えが微妙ですが・・・
 
  いかがですか??
  なんとなくでも伝われば嬉しいです。
 
 
でここから先はこの「胡瓜巻き」で説明させていただきます。
 
 
まずは海苔の部分に当たる 「キューティクル」ですが
 
どこか聞き馴染みのあるこの「キューティクル」は毛髪を構成する上で
最も外側の部分で、髪の毛にとって重要な役割とはたらきがあります。
また形状も魚のうろこのように何枚も何枚にもなったこのうろこ
のようなキューティクルが髪を外部から守っているんです。
 
 
 
 
次にシャリと胡瓜の部分に当たる
      「コルテックス」と「メデュラ」です
 
まずはコルテックスですが図にもあり、胡瓜巻きのシャリの部分の
コルテックスは髪の毛のほとんどを構成しています。
また髪の毛の強さやしなやかさもコレにかかっています。
※シャリがしっかりつまっているか?そうでないかのように・・
またパーマやヘアカラーにおいても重要な役割がある部分なんです。
 
 
つぎにメデュラですが胡瓜巻きに当たる胡瓜の部分、すなわち
髪の毛の中心的存在に位置します。
※個人差により有無があります。
 
 
なんとなくでも構成はりかいできましたか??
 
 
なんとなくでも構いません。
それでは本日のテーマである
 
 
ダメージしてしまった髪の毛とは??
 
 
まずは髪の毛が健康な人の場合は。。
健康な方の髪の状態は胡瓜巻きに当たる海苔の部分である
「キューティクル」が整った姿がとても美しいんです。
触れた感触も見た目にも美しさで溢れています。
 
ですが
ダメージ毛の髪の毛は胡瓜巻きに当たる海苔の部分である
「キューティクル」がめくれたり、はがれたりしてるので
指通りが悪く、毛羽立ってもいるので手触りがザラザラで
表面のツヤもなく見るからに健康が損なわれているのがわかります
※ダメージが進行すると「キューティクル」が無くなることも。。。
 
ダメージ感のある髪の毛のキューティクルはまるで
マジックテープの表面のような感じだと思ってみてください。
劣化がすればするほど、
「引っかかったり」「絡んだりしてしまう」
この症状が続くと更にキューティクルが剥がれ最後には無くなるのです。
 
※髪の毛は人間の皮膚のような役割がなく再生がないので
 傷んでしまった大切な髪の毛は元には戻らないのです。。。
 なんか歯茎もそんな感じじゃないですか??
 
今日の学びは大切な髪は再生されないという事です。